本文へ移動

保育目標

子どもは、本来自ら育もとうとする可能性を、その内に秘めている。豊かな宗教的情緒教育を通し、ぬくもりと、いつくしみの中で、子どもたち一人ひとりがいきいきと遊び、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す基礎を培うため、次の通り諸事項を目指す。
保育にたずさわる職員(大人)の、子どもに与える影響は大きい。職員は、常に研修を積み重ねると共に保育士間の話し合いの機会を設け、人間性と専門性、又、チームワークにより、豊かな感性と愛情を持って、一人ひとりの子どもの育成に努める。
1.子ども一人ひとりの思いを十分に受けとめ、最善の利益を考慮する。

2.自然に抱かれ、自然から学び親しむ保育。

3.同(異)年齢児・老人・地域の人など、さまざまな人間関係の広が
  りの中で育ち合う保育。

4.一人ひとりの子どもの発達の特性を知り、発達の課題に即した保育
  を進める。

5.家庭(地域)と園が子育てのパートナーとなり、ともに育ちあって
  歩んでいく。
1.豊かな人間性、専門性のある人的環境

2.温もりのある家庭をイメージした、明るく、なごやかな場

3.安全でバランスのとれた食事

4.安全で衛生的な室内外の環境

5.感覚器官、運動器官が、フルに使えるあそびの保育環境

6.地域の自然的及び文化的環境、歴史的な趣きとの調和

社会福祉法人光寿会
長浜愛児園

滋賀県長浜市八幡東町526番地
TEL.0749-63-4650
FAX.0749-64-1908
──────────────
児童福祉施設 保育所
──────────────
滋賀県指令子第14号
児童福祉施設
長浜愛児園設置認可
H18.3.31

TOPへ戻る